ボードゲームシェアハウス画策中!⑤


    こんにちは。
    バブです。
    吉田です。

    今日はボードゲームシェアハウスについてです!

    前回までの記事はこちらにまとめております。

    内見してきました

    ボードゲームシェアハウスについてあーでもないこーでもないと、あれこれ言うてきましたが、いよいよ内見です。
    物件は池袋より徒歩15分の住宅地にある戸建て物件です。
    広く物件を探しておりますが、やはり普段の生活の基盤のある地域で1件目の内見となりました。

    記念すべき内見1号くん。軒先の道幅が狭く、全景を取ることができませんでした

    記念すべき内見1号くん。軒先の道幅が狭く、全景を取ることができませんでした



    内見する時にはこういう部分を見たほうがいいよと、不動産屋さんの登さんとさらっと教えてもらいました。内見にも同行していただき感謝感謝です。

    ちなみに、内見するときにも鍵を開けて入る時には「ただいま!」と言うとのこと。
    こうすると良い物件に巡り会える気がするとおっしゃってました。そういうゲン担ぎ、嫌いじゃないです(笑)


    今回教えてもらった物件を見る時のワンポイント

    • 玄関(面積と収納の容量)
    • エアコンの配線
    • 室外機の設置場所
    • シェアハウスをやるのであれば、近隣の住居者に挨拶

    今後も内見を続けていくので、不動産を見る時のポイントをより蓄積していけるようにメモを取って行きます!

    立地について

    私は割と歩くことが苦にならない正確なので、池袋駅徒歩15分(要町までは徒歩13分)の物件は良い立地だと思っているのですが、15分を毎日歩くのは人によっては大変に感じることも多いようで、個人の感覚は当てにならないなと感じました。
    しかも今回は住宅地の中の路地を入っていった先にある物件で、周りにある物件も戸建て物件が多く、ボードゲームなどやっていて毎日騒いでいたらクレームになってしまうのでは?と思うぐらい静かな地域でした。毎日騒いでいても問題にならないような地域があるかどうかは微妙ですが。
    ちなみに池袋駅までは徒歩15分ですが、歩いて2分ぐらいのところにバス停があり、要町、池袋まではバスでいけるようでした。
    買い物については大きな通りを隔てて業務用スーパーが2件、コンビニが1件あり、普段の日常生活には困らなさそう。ドンキホーテも歩いて6分のところにありました。
    買い物ができる場所は多いに越したことは無いですよね!

    物件について

    さて、実際に見に行った物件のスペックですが、

    • 5DK
    • 1階は6畳の洋室(収納有)、ダイニングキッチン(床下収納有)、脱衣所(室内洗濯機置場有)、お風呂、トイレ(ウォシュレット付)階段下収納
    • 2階は6畳の洋室(収納有)×2部屋、4.5畳の和室(収納無)、トイレ(ウォシュレット付)
    • 3階は10畳の洋室(収納有)、バルコニー、屋根裏収納
    • 各部屋2面採光、エアコン有

    という感じ。

    屋根裏に登る時ワクワクするよね

    屋根裏に登る時ワクワクするよね


    以下に今回のポイントを書き出しました。

    ポジティブポイント

    • 収納の多さが良き
    • ウォシュレット、エアコン等、最初から設置されていること
    • バルコニーが広くて周りにこの物件より大きな建物が少なく、広く見渡せて気持ち良い
    • 階段が布張りされていて滑りにくい、1〜2階部には手すりもある
    • 部屋ごとに電気メーターが設置されており、個別の支払いが可能
    • お風呂に追い焚き機能付き
    • あると嬉しい追い焚き機能、ひとり暮らしにはほぼ不要

      あると嬉しい追い焚き機能、ひとり暮らしにはほぼ不要

    気になるポイント

    • ダイニングキッチンが狭くそこで食事ができない
    • 3階の部屋をボードゲームスペースにする形にするとすると、やや狭い。
    • 洗面台が1つしか無いので朝混みそう
    • 周りの家との距離がめちゃ近い
    • 駅からやや遠い

    今回はあくまでもボードゲームシェアハウスをやるとしたら、という目で見ておりますのであしからず。

    我々の物件探しはまだまだ続きます

    いよいよ物件を内見して参りましたが、今回の物件をひとつ基準として今後の物件の内見をしていくことになります。
    1年ぐらいはじっくり物件を探し、運営する人も入居者にも満足してもらえるようなボードゲームシェアハウスにできるといいなと思います。

    また、余談ですが、帰り際に登さんと話していると、私の友人のシェアハウスのオープンにも携わっていたとことが判明し、より頼もしく感じた次第です。

    これからどんな物件に出会えるのか、楽しみです。

    では、本日もお読みいただきありがとうございました。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次
    閉じる