ボードゲームを楽しめてくつろげる空間を創りたい

ボードゲームシェアハウス画策中!③

こんにちは。
バブです。
吉田です。

今日はボードゲームシェアハウスについてです!

前回までの記事はこちらにまとめております。

ボードゲームシェアハウス発起人参上!

板橋区にあるシェアハウスリバ邸HYUGAに伺いました!

富山から友人の吉田大地(だいちゃん)さんがくるということで、ボードゲームシェアハウス立ち上げたい人達&その友人達で一緒に遊びました。
大ちゃんは富山ですでにボードゲームシェアハウスを運営しています。

「東京にボードゲームシェアハウス作りたい!!」

全ては大ちゃんのこの一言から始まっています。

はじめましての人も複数いたので、全員で自己紹介をサラッと行って早速ボードゲーム!
集まって行ったのは、ドッチドッチとJUSTONEです。

JUSTONEは以前から何度かご紹介しているボードゲームです。
ご紹介記事はこちらをどうぞ。

ドッチドッチもみんなでワイワイ遊べるパーティーゲームです。
二択問題を出題して、参加者全員の票が50:50になれば出題者はポイントをもらえます。
これも良いゲームでした!

あっという間の3時間で、最後は写真を撮って解散!

三密回避の上で実施しております(撮影時のみ近寄りました)
三密回避の上で実施しております(撮影時のみ近寄りました)

ボードゲームシェアハウスを目指している人達の会合はひとまず終わったのであります。

本日の会合を経て、改めて現状どんな感じかというと・・・。

実際に今ボードゲームシェアハウスに関して動きは無いのですが、情報収集をメインに行なっております。

知らないこともいっぱい!

シェアハウスを賃貸物件で行うには、転貸借契約というのを行う必要があります。

ようは、物件を又貸ししていいですよ。という契約です。
これがないと、物件のオーナーからしたら、あなたに貸したのであって、違う人に貸したわけではないですよ。他の人を住ませて家賃もらうとかだめですよ。というわけです。
詳細はこちらのリバ邸さんのホームページをどうぞ。
とっても分かりやすくまとめられています。

また、転貸借OKという物件が非常に少ないことも最近知りました!
オーナーからしてみたら、シェアハウスは住んでる人が度々入れ替わるようなものです。
そういう条件より、普通のファミリーに契約してもらったほうが、安定した家賃収入が見込めるというもの。
なので、転貸借OKの物件を探すことが一苦労です。

実際に戸建て物件を探してみると確かに、転貸借可能物件は非常に少ない!

なので、SNSでシェアハウスしたいんですが、物件あまってませんか?という呼びかけをしてみるのもいいかも。ということでした。

空き家を有効活用したい!というオーナーさんもいるはずなので、そこと上手につながれるといいね!というわけです。
SNSの活用方法がまた一つ増えますね!
このブログがその方向に役立つことにもなるかもしれません。

自分が住む、ということにフォーカスしなければもっと広い箇所で検索できるのかもしれませんが、実際に自分も住んでボードゲームのイベントとかできる状態を作りたいなぁと今の所考えているので、ますます門戸が狭い感じです。

あとは、資金面について。
実際に物件が見つかったとして、その先にはスタートしていくための頭金が必要です。
戸建て物件を借りることと、内装・家具を整えることで数百万円のコストが必要かと思われます。

ボードゲームシェアハウスの設立のために、みんなで資金を出し合うという形になればリスクも抑えられますが、果たしてどれだけ集められるやら。

やりたいことを目指して情報を集めていくと、課題が表れるのはつきものです。

一つずつクリアして、楽しい楽しいボードゲームシェアハウスを設立します!

では、本日もお読みいただきありがとうございました。

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です