ボードゲームを楽しめてくつろげる空間を創りたい

歯列矯正する話⑧

こんにちは。
吉田です。
バブです。

本日は歯列矯正についてです。
前回の記事はこちら。

歯列矯正する話⑦

早いもので前回の記事から約2ヶ月

というわけで、ずっと矯正は継続しています。
歯並びを整える為に、歯の表面に貼り付ける器具をブラケットといい、
そのブラケットでワイヤーを固定させて歯並びを矯正していきます。
4月に実際にワイヤーを入れたので、そこから考えると3ヶ月経っているのですが、
本人からすると、めちゃめちゃ変わってきています!
器具の呼び名はこちらで詳しく説明されています。興味がある方はどうぞ。

ここに写真を載せることはしませんが、鏡を見るのが楽しいです!
気になる方には会った時にお見せしますね!

進捗としては、抜いた4本の穴は徐々に塞がりつつあり、かつ、前後に重なってしまっていた歯も少しずつ隙間が開いてきています。
さすがに日毎では変化は感じませんが、一ヶ月毎に写真を撮っているので、並べて見てみると、徐々に歯の並びが変わってきています。

徐々にきれいに並びだしている歯達
徐々にきれいに並びだしている歯達

当たり前ですが、整った後のことを想像すると、今の歯並びが悪い状態、あるいはブラケットが付いた状態は以後見ることができないもの。
と考えると、この1〜2年ぐらいの歯の状態というのは私の人生で見ると逆にレアなのかもしれないですね。レアだとしても嬉しくともなんともないですが。

いずれ整った歯並びを皆様にお披露目できる日が楽しみです!

上の歯の矯正はまだ始まりません

下の歯が徐々に動いてきて、整いつつあっても、まだまだ上の歯を動かすまでは至っていないので、
しばらくは下の歯だけの矯正期間。

下の歯だけこんな感じ
下の歯だけこんな感じ

下の歯だけでも、めちゃくちゃブラケットと歯の間に食事のあとのカスが溜まるので、上下ブラケットにすると相当なストレスになるんだろうなと思います。

食後はできるだけ歯磨きができるように歯ブラシ持ち歩いているのですが、歯磨きできない状態だとかなりつらい!
こういう悩みを矯正した人はみんな経験して乗り越えて来たんだろうな。

上の歯の矯正スタートは、年末辺りになりそうとのことです。
八重歯を抜歯したので、他は特に並びも大きな問題はないので割とスムーズに終わるだろうということでした。

ワイヤーを変えてすぐの時期が地味に痛い

月ごとにワイヤーを入れ替えます。毎月ワイヤーで締める箇所や度合いを調整するためです。
今月は前歯の間にできた隙間をなくすために、寄せるように調整しているので、下の前歯が痛いです。
ワイヤーを変えて1周間ぐらいが痛む期間で、それ以降は特に痛みはないです。
ただ、矯正をはじめてすぐの時期にあった、眠れないほどの痛みというのは今は有りません。
今も鈍痛はありますが、食事も楽しめるし、痛み止めも必要ない程度の痛みなので、やはり最初の期間を乗り切れることが一番の壁だったんでしょう。まあ始めてしまえばやりきる以外に選択肢はないのですが。

矯正をはじめてみて3ヶ月経ちました

実際に矯正をはじめて3ヶ月。私の場合は20ヶ月が目安なので、今1/8を終えたことになります。
毎月歯医者さんに支払っているお金は41250円。20ヶ月×41250円なので、825000円かかることになります。また、これとは別に抜歯代金もかかっています。ざっくり85万円ぐらいになるのかな。
人生で2番目に高い買い物になりますが、それだけの価値があると思っています。
このお金と痛みを代償にきれいな歯並びを手に入れ、100万ドルの微笑みならぬ、85万円の微笑みを振り撒けるように、これからも矯正がんばります!

矯正記事まとめはこちらから。

今までの矯正記事をまとめました。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です