ボードゲームを楽しめてくつろげる空間を創りたい

歯列矯正する話⑤

こんにちは。
吉田です。
バブです。

歯列矯正についてです。
前回の話はこちら。

抜歯完了


今、右の八重歯を抜いてきました!抜きたてほやほやです!
これで抜歯は完了です。
これで今年に入って下2本、上2本抜きました。
すごい速さで歯の本数が減ってます!(当然)

歯を抜く時って当たり前ですが、今生の別れになるわけじゃないですか。
抜いた歯が、
やっぱりここに居たい!
って帰ってくることないですよね。(恐怖)

なので、なんとなくセンチメンタルな気分になるんです。
今までありがとね・・・。
もっと大事にしてあげればよかった。
もっとキレイに磨いてあげればよかった。
せめて残ってる歯にはもっと愛情注いであげよう。
ずっと一緒だったけど、これからは君と違う人生を歩くんだね・・・元気でね。って。

歯に感情移入することもあんまりないですよね。
まあ、抜いて10分もすればそんな気持ちもどこかへ言ってしまうのですが。

歯の本数めっちゃ減ってる!

前々回の記事で8020運動について書きました。

80歳の時に20本歯を残せるように歯のケアをしっかりやっていきましょう。
という運動なのですが、
よくよく考えたら、私、前歯が既に無いんですよ。抜いちゃってて。
前歯抜いてること忘れてたので改めて数えてみると、
親知らず3本、矯正のための抜歯で4本、前歯2本なので全部で9本減ってる!
34年で9本減ってるから、同じペースで減ると仮定すると倍にした68年で18本減る計算!
80歳になる前に、総数の34本の半分以下になっちゃうううう!!
ちゃんと歯磨きと定期検診いくようにしますううううううう!!
と、いうわけで皆様歯は大切にしましょうね。

抜いたところは歯茎が盛り上がります

左の八重歯抜いたところ、すっぽり穴が空いていて、米粒埋まっちゃったりしてたのですが、
今ではその穴も徐々にふさがってきています。
なにでって、肉です。私の。
歯茎が徐々に盛り上がって来るんですね。
しばらくは滲出液(しんしゅつえき)といって、苦くてちょっとにおう汁がでてやな感じなのですが、
1〜2週間ぐらいするとその汁も分泌されなくなり、歯茎の穴に見える赤い部分、血餅(けっぺい)という皮膚でいうところのかさぶたのようなものだそうですが、それも他の歯茎と同じ色に変わっていきます。
人体って不思議ですね!

スープとゼリー生活

歯列矯正は、やりだした頃は痛くてものが噛めない。
と、聞いていましたが、本当にそうです。
特に噛む時に痛いです。痛くて力こめられなくて噛もうとしても噛めない状態。
金具自体は入れて2週間もすれば慣れてくるんですが(鈍痛は未だにあります)、噛むのはまだできないので、食事はスープとゼリーでしのいでいます。
来月に上の歯に金具を入れるとまた同じ痛みがくるわけだから、また咀嚼はお預け期間が続きます。
なので、ゼリーを大量に買うことにしました。
食べるものが決まってるってある意味楽かも。

目標に向かっている体感

繰り返しになるかもしれませんが、歯が痛いのはうれしいことではないのです。
金具を入れた当日は痛みで眠れない(痛み止めを飲むのを我慢してた)し、しばらくは仕事にも集中できないし、イライラするし、もー!って感じです💧
けれど、コンプレックスである歯並びの解消に向けて前進している感覚がうれしいです。
痛みも許容できる痛みだし、どのくらいやればいいかという期間も費用も見えてる。

来月にまた歯列矯正の報告ができればと思います。

本日もお読みいただきありがとうございました。