ボードゲームを楽しめてくつろげる空間を創りたい

歯列矯正する話①

こんにちは。
吉田です。バブです。

今日は私の歯並びについてお話してみようかと思います。

ボードゲームの話ちゃうんかい!
という声が聞こえてきそうですが(空耳)、
私という人間を知っていただくのに良いかなぁと思い、他の話題も織り交ぜながら、
記事を書いていくことにします。

歯並びが悪いということ

まず、私は物心ついた頃から歯並びが悪かったです。
上の両方の犬歯がしっかりと並びから外に飛び出しており、とってもコンプレックスでした。
いや、現在進行形でコンプレックスです。今でもまだ歯並びは治していないので・・・。

下顎の歯も不揃いで、大きな口を開けて笑うことができず、
無意識に口を覆ってしまうこともしばしば。
なので、昨今のマスクブーム(?)はちょっとありがたかったり。

歯並びが悪いと基本的にいいことはないかと思っています。(しかし歯並びが悪いことで彼女ができた話はいつか書くかも)

 


(ちなみに佐久間デンタルクリニックさんにお世話になっているわけではなく、歯並びが悪いことについて発生するデメリットについて見やすく表記してくださっているので引用させていただきました。)

歯並びがいいと、意識しないかもしれませんが、歯並び悪い勢は、こういうデメリットを抱えて生きています(言い過ぎ?)

まあ、私の場合はそんなにナイーブではないのであっけらかんとしたものですが、内心コンプレックではあるので歯並びはいずれ矯正したいな!と思っていたのです。

 

矯正のこと何も知らなかった

で、ついに先日、歯並び矯正をする為に、抜歯をしてきました。
上の歯を2本、下の歯を2本抜く必要があると、最初に言われたときは、
「4本も抜かなきゃいけないの!?」
と、正直驚いたのですが、背に腹は変えられません。
そもそも歯を歯列矯正に抜歯が必要なことも知らなかったのです。
歯を抜かずにできる矯正もあると伺いましたが、それはそれで技術的に難しくなるらしく、今回は(次回はないけど)抜歯、そしてワイヤーで矯正することにしました!

保険がきかないことも知らなかった

抜歯で更に驚いたことに、
「病気や虫歯でないから保険が適用できません。
 病名が付けられないから、医療行為にできない。」
のだそうです。

矯正そのものにも基本的には保険の適用は有りません(自由診療というそうです)、が、一部の人は保険適用になる場合もあるとか。

保険でできる矯正歯科治療

(ちなみに赤羽矯正歯科さんにお世話になっているわけではなく、保険適用について見やすく表記してくださっているので引用させていただきました。)

私的なざっくり理解だと、めちゃくちゃ歯並びが悪い場合は保険の適用になることがある。
ということだそうです。

私は保険適用するレベルのものではないので、自由診療の範囲。
自己負担となります。実際、矯正は100万円前後お金がかかるので、歯並びが良い人は100万円得してますよ!(してない)

結論

というわけで、矯正は1〜2年は時間がかかるので、シリーズで書いていきまーす!

今日もお読みいただきありがとうございました!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です